資産管理システム

開発事例

1.導入会社

化粧品容器などの合成樹脂製品の製造、化粧品・同原料の製造をしている A社

2.導入背景

A社ではこれまで様々な物品(固定資産やリース資産など)をPCスタンドアロンで拠点毎に管理していたが、拠点間で物品共有するため新たにWebで一元管理するシステムを検討する事になった。

3.業者選定

A社では、当初、パッケージシステムの導入を検討され、固定資産管理パッケージやリース資産管理パッケージなどを比較検討した。しかし、どのパッケージもあらゆる業種に対応できるように作られているため、画面・帳票数や入力項目が必要以上に多く、運用に負荷がかかるという懸念を抱いた。

かつ、固定資産管理パッケージは減価償却を中心とした経理視点のシステムであり、A社では物品を管理する現場視点で各種資産を管理したい要望から、A社が必要とする機能だけを、コンパクトにオーダーメイドで作成する事になりエクステックを選ぶに至った。

4.システムの概要/特長

(1)様々な資産の物品を一元管理

固定資産、リース資産、経費購入物品、借り受け資産

(2)ラベル印刷

棚卸に利用するラベル印刷

(3)固定資産の減価償却費計算と会計連動用CSV出力

(4)リース金額と会計連動用CSV出力

(5)Web化によるリアルタイムでのインプット/アウトプット

物品の拠点間共有によるコスト削減

 

5.今後

借り受け資産の所在管理など機能拡充を検討

 

6.独立系IT企業の強み(今回の弊社提案範囲)

弊社はお客様の現状のビジネスシーンをより良くするための最適なシステムを

  • 一括して一から作り上げるオーダーメイドのシステム創り
  • 当社オリジナル製品や他社パッケージ商品のご提供
  • ソフトウエアにのみならずサーバー構成の設計や販売

ワンストップでご提案します